-

****************************************************
  <出演者のプロフィール・写真他>                        

 ****************************************************

********  2018年  ************





佐藤卓史(さとう・たかし)◆ピアノ  

 1983年秋田市生まれ。高校在学中の2001年、日本音楽コンクールで第1位。2003年、秋田・東京など全国4都市でデビューリサイタルを開催、その成功により同年秋田市文化選奨、翌年日本ショパン協会賞を受賞(いずれも史上最年少)。東京藝術大学を首席で卒業後渡欧、ハノーファー音楽演劇大学ならびにウィーン国立音楽大学で研鑽を積む。
 その間国際舞台でめざましい活躍を遂げ、2006年ミュンヘンARD国際コンクール特別賞、2007年シューベルト国際コンクール第1位、2008年シドニー国際コンクール第4位、2010年エリザベート王妃国際コンクール入賞、2011年カントゥ国際コンクール第1位など数々の受賞を通して日本を代表する若手ピアニストとしての地位を確立。ウィーン楽友協会をはじめとするヨーロッパの主要コンサートホールをはじめ、2011年にはシリア・ダマスカスのダール・アル・アサド文化芸術劇場にてソロリサイタルを開催した。  
 2013年にはデビュー10周年を記念してソロリサイタルツアー「ベートーヴェン 4大ピアノ・ソナタを弾く」を開催、全国16都市で演奏し絶賛を博した。2014年よりシューベルトのピ.アノ曲全曲演奏プロジェクト「佐藤卓史シューベルトツィクルス」を開始、注目を集めている。 NHK交響楽団、東京交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団、ベルギー国立管弦楽団をはじめ内外のオーケストラに多数客演。また室内楽奏者としても世界的に評価されており、2012年よりエリザベート王妃国際コンクールの公式ピアニストを務めている。 2007年にデビューアルバム「ラ・カンパネラ~珠玉のピアノ小品集」(ライヴノーツ)をリリース以来、レコーディング活動も活発に行っており、日本と欧州で多数のソロアルバムを発表。放送出演も多く、現在はBSジャパン「おんがく交差点」にレギュラー出演中。作編曲、レクチャーなど多方面で活躍している。
公式サイト www.takashi-sato.jp